借りやすい金融

0

審査の甘いキャッシング

確実にキャッシングをするには、あらかじめ審査基準の甘い消費者金融やローン会社を、クチコミ情報などから探しておくことが重要です。

消費者金融やキャッシングローン会社で金銭賃借する場合、必ず借り入れ審査があります。審査に通らなければキャッシングが成立することはないのです。借り入れ審査とは、勤務先(仕事先)への所在確認と現在の収入、現在の債務状況(借金状況)などですが、この中で一番重要な項目は勤務先の所在確認です。勤務実態がない無職の人がお金を借りることは通常在り得ないわけです。それもそのはず、毎月決まった収入がない人間にお金を貸すにはリスクが高過ぎますし、焦げ付く可能性が高いのも無理はありません。

したがって、無職の人間がキャッシングをするのは不可能ということです。ただし、クレジットカードを保有していれば、商品枠を利用してお金を借りることも可能です。ただこの方法は通常のキャッシングよりも金利が高くつきますので、後々の支払いに困窮してしまいますので、あまりお奨めできません。一番てっとり早い方法は、登録制のアルバイトに登録をしておいて、勤務実態を作ったうえで融資の申し込みをする方法です。これですと、金融会社からの所在確認も通りますので、審査に通る可能性は高くなります。

キャッシングガイド

0

商品名:無利息ローン

1万円〜100万円

一定期間利息のかからないローン
上手に利用すれば一切金利を支払わずにお金を借りることが可能です。今では大手の金融会社はもとより、一部の中小消費者金融も取り扱っているので、同じキャッシングをするなら無利息ローンが使える金融会社を利用しましょう。

0

商品名:レディースローン

1万円〜50万円

専業主婦でも審査に通るローン!
総量規制が施行されて以降、仕事をしていない専業主婦や無職の方は審査に通らなくなりました。夫の承諾書があれば審査に通りますが、借金のため簡単に承諾書を書いてくれる夫も少ないと思います。そこで主婦でも審査に通るローン会社が注目されるわけです。


過払い金とは、利息制限法の上限金利を超える利息での返済期間が長期にわたる場合など、引き直し計算を行うと、債務額が減少しきってゼロを通り越し、マイナスが生じる場合があります。通常の場合、このマイナスが貸金業者に対する払いすぎた金利(グレーゾーン金利)ということになります。多くの消費者金融業者が提示している利率は、出資法により設定しています。しかし、利息制限法が定める上限利率を超えて支払った利息金は無効です。 無効となった利息金は元金に充当されるので、引き直し計算をすると業者から請求されている債務額より少なくなり、利息金どころか元金も払い過ぎている場合が発生します。この状態を過払いと言います。

既に返済を終えている場合でも、払い過ぎた利息は取り戻しが可能です。残債あり・なしにか かわらず、10年前から今までの「過去の借金」は過払い返還請求をすることが可能な場合があります。必ずお申し出ください。10年前から今までの「過去の借金」は過払い返還請求をすることが可能な場合があります。「利息制限法」と「出資法」の上限金利の間にある金利は、グレーゾーン金利と呼ばれ、法律上あいまいな金利です。弁護士は、グレーゾーン金利で貸し付けている貸金業者に「利息制限法」の金利を主張、過去にさかのぼって利息を引き直し計算して差額を元本の返済に充てることで、借金を減額させることが可能です。

最終更新日 2016/12/7

消費者金融

金融業界の裏知識